建築家・村田淳のコラム
by jun_murata_arch
リンク
事務所のHP
村田淳建築研究室

他にもブログをしています
・親緑日誌
・村田淳建築研究室 作品紹介
・村田淳建築研究室 対話
下のリンクからどうぞお越しください
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
kh-homeさん、ご無..
by jun_murata_arch at 23:25
深緑の映像、美しいです。..
by kh-home at 20:07
3740sさま は..
by jun_murata_arch at 19:13
今晩は 素敵なお施主さ..
by 3740s at 20:04
3740sさま。 はじ..
by jun_murata_arch at 14:53
フアンの一人。(中庭が特..
by 3740s at 10:45
kinako様 はじめ..
by jun_murata_arch at 10:45
村田様 はじめまして。..
by kinako at 19:17
こんばんは。近いうちにお..
by jun_murata_arch at 00:13
ご出版おめでとうございま..
by kh-home at 21:16
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
2014年 10月 21日
歌舞伎「双蝶々曲輪日記」
c0213766_14354355.jpg

先日 招待券を頂戴したので歌舞伎を観てきました。
演目は松本幸四郎・市川染五郎親子共演の「双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」
場所は国立劇場です。
c0213766_237427.jpg

c0213766_2372794.jpg

歌舞伎は初めてなので 台詞がうまく聞き取れないなど戸惑うこともありましたが・・・笑
立ち回りの動きの穏やかさと衣装の美しさがとても印象的でした。
四季の変化を愛でる日本人の感性が育んだ芸能なのでしょうね。
以前勤めていた事務所の所長に「教養はお金を払ってでも身につけなさい」と言われた事を思い出しました。

とてもよい機会を頂いた事に感謝です。




『緑と暮らす設計作法』発売中です
『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします

[PR]
by jun_murata_arch | 2014-10-21 10:57 | 日常 | Comments(0)
2014年 10月 16日
建築知識10月号と「ここが自慢 建築家と建てた家」
c0213766_9415960.jpg

すっかりご案内が遅くなりましたが
『建築知識10月号』に 連載「住宅ディテール最新版」の最終回が掲載されています。
テーマは「設備」。
浦和の2つの家若林の家を取り上げています。
一緒に執筆した石井さん・根来さん そして編集部の方々お疲れさまでした。

もうひとつ。
ニューハウス出版から『ここが自慢 建築家と建てた家』が出版されました。
こちらには高田のコートハウスが掲載されています。

どうぞご覧ください。




『緑と暮らす設計作法』発売中です
『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします

[PR]
by jun_murata_arch | 2014-10-16 09:56 | 掲載誌 | Comments(0)
2014年 10月 14日
台風一過・十三夜・皆既月食
c0213766_12244892.jpg

今日はまさに台風一過。
気持ちのよい青空が広がっています。花梨の実が落ちなくてよかった。
c0213766_2319458.jpg

まわりには緑が多く 今日のような日は快適この上ないのですが 落ち葉が多く掃除は大変です。
c0213766_12251457.jpg

親緑住居に事務所を移して はや2週間ほど経ちました。
その間に2つの台風が来て きれいな月も見えました。
下の2枚は十三夜の月と生田の夕暮れ。
c0213766_2320440.jpg

c0213766_23201772.jpg

皆既月食は 雲に遮られそうでしたが何とか見ることができました。
c0213766_23171272.jpg

c0213766_23173067.jpg

c0213766_23174389.jpg

c0213766_23175317.jpg

c0213766_2318467.jpg

最後の写真は 月のすぐ横を飛行機が通ったのですが 微妙にシャッターチャンスを逃しました(笑)。
ブログの更新頻度を上げようと思っていますが 諸々の事に時間を取られなかなか思うようにいきません。
まあ ぼちぼちと行きますか。




『緑と暮らす設計作法』発売中です
『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします

[PR]
by jun_murata_arch | 2014-10-14 12:37 | 親緑日誌 | Comments(0)
2014年 10月 09日
家づくり学校 / 環境から考える
c0213766_22592596.jpg

c0213766_2259641.jpg

日曜日は家づくり学校1年生の5回目の講義がありました。
今回のテーマは「環境から考える」。
講師は 半田雅俊さんと古川泰司さんです。
(ちなみに 4回目の講義は「コストから考える」で 半田雅俊さんと杉浦充さんが講師でした。
 とても良い内容だったのですが リポートする時間が取れませんでした。。。)
c0213766_22593971.jpg

古川さんは 日本はエネルギー依存国であるが森林が多く 森には地球環境保全機能があること。
そして緑には快適環境形成機能があることなど 建築を取り巻く環境の話から室内環境の話まで
広い視点でお話しいただきました。
快適さの指標は温度・湿度・照度などがありますが それは相対的で絶対はありえない。
だから自分なりの基準尺度を持つことが大切だ と測定器具を紹介しながら熱く語られていました。
c0213766_22595283.jpg

半田さんは 室内環境をよりよくする試みを実践されている方ですが
住宅は快適であるべきという基本姿勢と 快適さを数値で把握することの大切さを強調されていました。
設計の試みやご自身の事務所を使った実験もご紹介いただき その探究心は大いに刺激になったのでした。

(写真はすべて丹羽修さんからお借りしました)
[PR]
by jun_murata_arch | 2014-10-09 10:45 | 家づくり学校 | Comments(0)
2014年 10月 06日
さよなら外苑ハウス
c0213766_1635856.jpg

外苑団地(がいえんだんち)は、東京都渋谷区に立地する日本住宅公団の造成した1964年東京オリンピック外国報道陣向けの宿舎である。
昭和39年(1964年)当時、翌年に実施される東京オリンピックを報道する外国の報道陣のための宿舎が必要であった。 そこで日本住宅公団がこの宿舎を建設することになり、建設されたのがこの団地である。
この団地が宿舎としての役割を終えた後は分譲住宅として再利用され、現在の「外苑ハウス」となっている。

以上 Wikipediaより

父が外苑ハウスに事務所を移したのが1974年。
その時からこれまで40年もの長い間 どこにも移らずに事務所として使い続けてきました。
子供の時は父について事務所に遊びに行ったり 一時期 家族で別の階に住んでいましたので
私にとって とりわけ思い入れのある場所であります。

しかし いよいよ老朽化のため建て替えられることになりました。
これまで建て替えや改修は何度も議論されていましたが 諸問題のためなかなか実現に至らず
奇しくも2020年東京オリンピックに向けた新国立競技場の建設が契機となったようです。
c0213766_16353981.jpg

そこで 急遽移転することを決めました。
この1ヶ月ほどは 通常業務の傍ら準備をしていたのですが・・・それは大変でした(笑)
40年にわたる蓄積は膨大で 蔵書や資料の多さときたら・・・。
おかげで ブログもFacebookもほとんど手付かずでしたが 我ながらよくやったと思います。

夜遅く ようやく片付けが終わった室内。
所長席から撮ったものですが 父が現役の頃も思い出されしみじみとしてしまいました。
c0213766_1640849.jpg

と言うわけで 10月1日より事務所を移転しました。
ひとまず 父が設計した実家である親緑住居を事務所とすることに。
c0213766_16403852.jpg

中庭に面した2階が事務所です。
廊下にはまだ荷物が山積みですが 写真では分かりにくいでしょう?(笑)
手前味噌ですが さすがにこの事務所は快適です。
緑とともにあることの良さを身をもって体験できます。
いずれまた都内に戻るつもりですが スタッフにもいい経験になると思います。
c0213766_16405058.jpg

おまけ。
荷物を整理していたら机の中からこのようなものが出てきました。
オリンピックの建物というのは 誇らしいことだったのでしょうね。
少しだけ 当時の空気に触れた気がしました。
c0213766_16412953.jpg





『緑と暮らす設計作法』発売中です
『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします

[PR]
by jun_murata_arch | 2014-10-06 10:18 | 日常 | Comments(2)