建築家・村田淳のコラム
by jun_murata_arch
リンク
事務所のHP
村田淳建築研究室

他にもブログをしています
・親緑日誌
・村田淳建築研究室 作品紹介
・村田淳建築研究室 対話
下のリンクからどうぞお越しください
お気に入りブログ
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のコメント
kh-homeさん、ご無..
by jun_murata_arch at 23:25
深緑の映像、美しいです。..
by kh-home at 20:07
3740sさま は..
by jun_murata_arch at 19:13
今晩は 素敵なお施主さ..
by 3740s at 20:04
3740sさま。 はじ..
by jun_murata_arch at 14:53
フアンの一人。(中庭が特..
by 3740s at 10:45
kinako様 はじめ..
by jun_murata_arch at 10:45
村田様 はじめまして。..
by kinako at 19:17
こんばんは。近いうちにお..
by jun_murata_arch at 00:13
ご出版おめでとうございま..
by kh-home at 21:16
画像一覧
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
2008年 08月 25日
夏の庭
夏の庭は野趣にあふれ旺盛
c0213766_11101058.jpg

ミソハギ ハナトラノオ ワレモコウ ムクゲ ポーチュラカ
人間ならすぐに参ってしまうような 強い陽ざしをものともせず
次々と花を咲かせ 株を大きくする
そんな夏の庭の楽しみ方のひとつは 早起きをして屋上の庭に登ること
花も人間と同じで 朝開いて夕方には閉じてしまうものもある
だから まだ涼しい空気の中 朝焼けの色を映した花の姿を楽しむ
白み始める空のもと 大きく息を吸い込むと いつもより少し元気になる
c0213766_11104583.jpg

c0213766_1111639.jpg

c0213766_11114415.jpg

c0213766_11121374.jpg

c0213766_1112329.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2008-08-25 08:51 | 親緑日誌 | Comments(0)
2007年 08月 15日
プルーン
c0213766_20593565.jpg

プルーンの実が ようやく収穫を得た 6年あまりたち 初めてのこと。
春には 隣のカリンとともに可憐な花をつけ 目を楽しませてくれる 
ただ カリンの方が南にあって背が高く プルーンは分が悪い
去年は熟す前に 数粒あった実が風で 落とされた。
今年も花のあと 実がなってからは 毎日のように見守った
わずか3粒だが それでも大きな収穫。

(村田靖夫)
[PR]
by jun_murata_arch | 2007-08-15 16:37 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 31日
団栗
めっきり涼しくなって 朝の散歩が気持ちよい
同じ時間でも 太陽の角度が はっきりと変わってきたのが感じられる

いつもの坂道を 下りていたら 団栗の実を見つけた
この前の台風で 落ちていたようだ
エゴの白い実に混じって たくさんあった

赤紫の花びらも混じっていたので 上を見ると
葛の花がひっそりと咲いている
もう 秋は目の前

(村田靖夫)

c0213766_22553659.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-31 22:36 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 26日
ナンキンハゼの実
ナンキンハゼの実が大きくなってきた
その形に愛嬌があり 可愛い

花木ではないのだが
少し遅く出る紅い新芽や初夏に咲く房状の花が
空に向かって上に突きだし オヤッと思わせて 面白い
わが家のは斑入りで 白い葉が 夏の庭のアクセント

秋も深まると 鮮やかに紅葉し
実の色も白く変わり その後 ハゼる

(村田靖夫)

c0213766_1121136.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-26 06:05 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 24日
みそはぎ
知り合いのハーブの大好きな方からアカンサスの苗を戴いた
早く大きくなれば立派でいいなと見ていたら
その周りからたくさんの芽が出て
あっという間に アカンサスを押しのけ大きくなり
鉢を占領して 紅紫色の花を無数につけた
おかげで その年のアカンサスは無惨な育ち方

アカンサスが大事だから
翌年鉢から移して屋上に地植にしたらどんどん増え
今年も梅雨の時から咲き始め
後ろのモナルダが終わっても ずーっと咲き続けている

自生地は水辺と言うことだが
陽当たりが良ければ 屋上のような乾燥しているところでもどんどん育つ

(村田靖夫)

c0213766_175769.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-24 06:25 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 21日
夏の鉢
夏の鉢の定番はペチュニアとサフィニア
最もポピュラーな花だ
花期が長く たくさんの花をつけるから
冬のパンジー・ビオラと並んで双璧

陽当たりの良い屋上で育て
見頃になった時に
玄関ポーチの階段に飾る

カシワバアジサイの白い花が終わりになると 選手交代
そして
毎年 本格的な夏を迎える

(村田靖夫)

c0213766_114057.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-21 15:31 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 20日
ムクゲ
梅雨がまだ明けきらない7月のはじめから
華やかに咲き続けている

ムクゲはとにかく花の種類が多く その分楽しみが多く
しかも丈夫で 花期が長く 花木としては優等生だ

昔から懇意にしている植木屋さんには
一般的な日の丸とも言う一重の底紅を頼んだのだが
我が家に植えてくれたのが 半八重咲きの花笠型のひとつ
話が違うじゃないかと
文句を言おうとしていたら なんでも亡くなられた先代が好んでいたそうで
花の名前も聞き返せずに 言葉を飲み込んでしまった

とにかく
ムクゲには様々な品種があるので そのうち品種を確定したい

(村田靖夫)

c0213766_0564512.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-20 18:02 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 20日
ワレモコウ
ワレモコウ(吾亦紅)の花穂が紅く色づいている

去年植えたものが
冬にはすっかり枯れ 春先に新芽を出してみるみる大きくなった
屋上のわずかな厚みの土なのに
人の背丈よりも大きい
こんなに大きくなるのか と驚いている

これから強い風が吹く 台風が心配

(村田靖夫)
c0213766_0515042.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-20 17:18 | 親緑日誌 | Comments(0)
2005年 08月 19日
ポーチュラカ
夏の花は 元気をくれるものが好きだ

中でも ポーチュラカは容赦ない夏の陽射しを受け
それをはねのけるように 色とりどりの小花を 毎日つける

八重咲きの松葉ボタンもあるけれど 一重のハナスベリヒユが特に元気
アブラゼミが鳴きしきる中 負けじと 青空に向かって咲く

セミの命も短命だが これも一日花

(村田靖夫)

c0213766_23292722.jpg

[PR]
by jun_murata_arch | 2005-08-19 21:06 | 親緑日誌 | Comments(0)